四季の風の中 とことこ歩き 風の詩を写しています。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫 ジェラシー
017_R_20170628110140710.jpg

ジェラシー愛の言葉は愛の裏側

057_R_2017062811054972c.jpg

ジェラシー

009_R_20170628110714d79.jpg

窓辺にたたずんでる君を見てると

長い年月に触れたような気がする

008_R_20170628110857469.jpg

夕焼けの空のどこかで

006_R_20170628111008ddc.jpg

忘れた愛が忍びこむ

001_R_20170628111100080.jpg

流れるのは涙ではなく汗

007_R_20170628111756306.jpg

君によせる愛はジェラシー

006_R_201706281117086d5.jpg

春風吹き秋風が吹き寂しいと言いながら

008_R_20170628112058765.jpg

君によせる愛はジェラシー

(=^エ^=) 今日も暇だにゃ~

三食 14時間 昼寝つき

016_R_20170628112457108.jpg

少しは社会に役立つ事をしろや

後部座席のおっさんに

「この猫 死ね~」っと怒鳴られるぞ

014_R_201706281127319df.jpg

触らぬ髪に祟りなし (>。<)



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 四国の四季の詩(讃岐). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。