四季の風の中 とことこ歩き 風の詩を写しています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どんぐり
003_R_2017021711474394c.jpg

時速40キロで右に指示器をつけて亀さん走行

006_R_20170217114928d85.jpg

右に曲がる道はなし?

何をしたいんだどんぐりマークの爺ちゃん

001_R_20170217115146a57.jpg

ルームミラーを見ると大渋滞

ここでウサギのようにどんぐり爺ちゃんを追い越す勇気はなし

008_R_201702171154103b7.jpg

次の交差点で右に指示器をつけたまま左へ曲がちゃつた

010_R_2017021711560809c.jpg

気をつえよう黄昏時と

022_R_20170217115654e33.jpg

黄昏爺ちゃん



スポンサーサイト
コメント
すいませんねえ。
ドンガメ走行・・・おいらだったかも。www
でも、方向指示器の左右の間違いはしたことないなあ~。
だって、出さないもの・・・。 バシッ!
おいらだけでなくそちらの方は本当に方向指示器出さないで右左折する車が多いですから
走る時は油断しないよう気を付けてください。

春には刑期を終え、そちらに帰れそうです。
(Hさんにもお伝えください。それに腰の方、お大事にって)
喜多さん[URL] 2017/02/21(火) 11:44 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 四国の四季の詩(讃岐). all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。