四季の風の中 とことこ歩き 風の詩を写しています。
素敵なお土産
IMGP7605_R.jpg

寒くなってきました

紅葉も終盤です

IMGP7609_R.jpg


石積みアーチダム

石なので冷たそう温かみが欲しい

キョロキョロ

紅葉など無いと思ったらダムの隅に

IMGP7612_R_20131130093146907.jpg

紅葉

この時たまたま雨が止んでいて

IMGP7615_R.jpg

仰ぎ写しができました。

IMGP7622_R.jpg

ついでに上まで上がり

パシャリ

(@_@;) 足の親指がジンジンするぜ。

IMGP7598_R.jpg

車に戻り傘を見ると

IMGP7654_R_20131130094012df1.jpg

素敵なプレゼントがついていました

赤ちゃんもみじだ。。。。。(*^_^*)



スポンサーサイト
ラブストーリー
IMGP7472_R_201311292205117e1.jpg

何から伝えればいいのかわからないまま時は流れて

うかんでは消えてゆくありふれた言葉だけ

IMGP7482_R.jpg

君があまり素敵だからただ素直に好きと言えないで

IMGP7641_R.jpg

多分もうすぐ雨もやんで

IMGP1429_R.jpg

ふたり黄昏

IMGP7526_R.jpg

あの日 あの時 あの場所で 君に逢えなかったら

僕らはいつまでも見知らぬふたりの まま

(^O^)/「カンチ病院へいきますか」

(*^_^*)「リカもう完治したのでいきませんよ」

今日 病院へ行くと

八割は完治しています月曜日には水につけてもいいですよ

明日になったら九割で日曜日は十割 つなぎ無しの蕎麦やん

日曜日の朝 包帯をのけて消毒してテーピングすれば試合に出れる

(^O^)/ ラッキーオールドボーイ

IMGP7529_R.jpg

(;一_一) まてよしかし靴の中で擦れるとどうなるのだ

\(◎o◎)/! 二割戻って 二八蕎麦か

八割はマズイ やはり蕎麦と足は十割でなければ




冷たい雨
IMGP7585_R.jpg

冷たい雨にうたれて街をさ迷ったの

もう許してくれたっていい頃だと思った

IMGP7544_R_20131129093051df6.jpg

部屋に戻ってドアを開けたら

貴方の靴と誰かの赤い靴

IMGP7566_R_2013112909335059d.jpg

\(◎o◎)/! こら~

喧嘩をして数時間で次の女を連れ込むな

(;一_一) やりてのジゴローだね 君

昔はこんな歌が多い

今はいつまでもねちねち女の子につきまとう

シャッキっとせんかい日本男児

親指負傷日本男爺の独り言

IMGP7678_R.jpg

冷たい雨にうたれて

IMGP7683_R.jpg

近所をさ迷ったの

もう治ってくれたっていい頃だと思った

IMGP7692_R.jpg

家に帰ってドアを開けたら

冷えた体と薄情な猫

IMGP7663_R.jpg


=^_^= 我 かんせずだにゃ

IMGP7685_R.jpg

今朝は冷たい雨が降っていました

靴は履けないので長靴を履いて(ぶかぶかだから丁度いい感じ)

近所の蹲とサザンカを写しました

今日は病院へ

包帯がとれるか 頼むぜ先生

神様 仏様 稲尾様 お医者様

巨人 大鵬 卵焼き

楽天 白鳳 整形先生

(^O^)/



仏 仏 仏
IMGP7476_R.jpg

京都大原三千院 恋に疲れた女が一人

IMGP7495_R.jpg

結城に塩瀬の素描の帯が池の水面に揺れていた

IMGP7494_R.jpg

京都大原三千院 恋に疲れた女が一人

IMGP7504_R.jpg

京都嵐山大覚寺 恋に疲れた女が一人

IMGP7496_R.jpg

塩沢かすりに名古屋帯耳を澄ませば滝の音

IMGP7594_R.jpg

京都嵐山大覚寺 恋に疲れた女が一人

目を閉じて耳を澄ませてこの歌を聞くと情景が目に映る。

<`ヘ´>しか~し

IMGP7479_R.jpg

今どきの歌ときたら ぶつ ぶつ 仏

IMGP7480_R.jpg

大勢で勢いだけ ぶつ ぶつ 仏

昨日 37年前のアース.ウィンド&ファイヤーをかけていたら

この歌をダビングさせてって。

聞いたことはあるけど誰の歌かは知らない?

CMとか映画でよく使われるからね

良き音源は何十年たっても色あせない

IMGP7337_R.jpg

結局MDをその方に差し上げました

良きものを後世へ橋渡し。




この空
IMGP7408_R_201311271246571b9.jpg

この空は誰のもの?

IMGP7414_R.jpg

あの海は誰のもの

IMGP7500_R.jpg

丸い地球は誰のもの

貴方達のものでしょう

人類が原点に帰れば争いも無くなるのに

日中関係が微妙ですね

(;一_一) 地球みたいに丸くおさめてもらいたいものだ

IMGP7340_R.jpg

国の代表がスペースシャトルの中から地球を見ながら会議をすると

小さいもめ事と思うだろうに

IMGP6927_R.jpg

この柿は誰のもの

(^O^)/ 拾ったわてのもの

徳島県の河原に柿の木があり実が落下して転がっていました

拾って食べたら

あっま~い

このささい幸せを奪わないで欲しいものだ

アベノミックスジュース君

IMGP7628_R_20131127131344d8f.jpg

何処かで誰かがきいっと待っていてくれる

雲は焼け 道は乾き

陽はまだ沈まない

IMGP7388_R.jpg

けれども何処かで待っていてくれる

風の中で待っていてくれる

IMGP7668_R.jpg

(=×・×=) ふむ 臭くねえ

病院へ行ってきたから消毒の匂いでしょう

(=^・・^=) クンクン カレーの腐った匂いだわ

<`ヘ´> こら~加齢の腐った匂いってどんな匂いやねん

=^_^= こんな匂い

(;一_一) 飼い主に優しくしろや

IMGP7667_R_20131127133215285.jpg

「あっしには関わりの無い事でござんす御免なすって」

こたつの中で待っていた木枯らしコゴ次郎

IMGP7660_R.jpg

今日病院へ行くと包帯のしたのガーゼが血で真っ赤 (@_@;)

横一文字にメスの後が

先生「腫れはひきましたね」

わて「先生 日曜日に靴を履けますか」

(;一_一) バドミントンの試合とは言えない

金曜日に来てくださいたぶんテープでいけるでしょう

あっ 風呂へ入っていいのか聞くの忘れた

よし今夜は片足あげて

シンクロさくらジャパーンで入ろう。




生きてりゃいいんだよ
IMGP5149_R.jpg

花咲き花散る宵も銀座の柳の下で

待つのは君ひとり君ひとり

逢えば行くティルーム

楽しき都 恋の都

夢のパラダイスよ花の東京

IMGP7403_R.jpg

うまい酒と食い物と女がいりゃなにもいらん

生きてりやいいんだよ生きてりゃ

渡辺兼主演の明日の記憶

大滝秀治さんが呆けた老人の役をした時の台詞

IMGP7512_R.jpg

人は呆けて食べた事を忘れても食べる事は忘れない

IMGP7513_R.jpg

生きてりゃいいなだよ

IMGP7514_R_20131127091846306.jpg

三豊市山本町河内にある小さい神社です

雨の日に行くともみじの絨毯があらわれます

(ToT)/~~~ 今年はいまいち

呆けないためには自分で探しにいって

撮ときゃいいんだよ撮ときゃ

楽しき田舎 恋の田舎

自然のパラダイスよ紅葉の観音寺

IMGP6923_R.jpg






落ちて彩
IMGP7535_R.jpg

昨夜はかなりの強風でした

(ToT)/~~~ もみじも散ってしまったか?

IMGP7412_R_20131126085836a74.jpg

雨降りに散るもみじは彩の小路を作ります

IMGP7410_R.jpg

北風小僧の寒太郎が通るともみじがカラッカラに干からびて

ただのゴミになり果てる

IMGP7537_R.jpg

一句

秋雨に散りて彩るもみじ小路かな

小林渋茶

IMGP7658_R.jpg

秋の日に瓶落ちて親指腫れる災難かな

与謝野痛いのさ

\(◎o◎)/!昨日の注射の痛さを写真で表現すると

こんな感じ









IMGP7490_R_20131126092315b65.jpg

芸術もゲイ術も爆発だ

\(◎o◎)/!「きゃ~先生やめて~」

IMGP7405_R.jpg

写真の撮影場所は

香川県三豊市財田町宝光寺(写真の右上)

IMGP7599_R.jpg

香川県観音寺市大野原町五郷

豊念アーチダムの上流の法泉寺です

昨日は雨の中強行撮影をしたので

ダウンが水をふくみボロボロ

靴の中に水が入りビショビショ

(;一_一) そりゃ足の指もダウンするっちゅうねん



ある意味
IMGP4603_R_20131125220818c51.jpg

春には桜のキャンパス

IMGP3501_R.jpg

秋は静かな池

水のたえることのなかった逆瀬池

ところが今日行くと

\(◎o◎)/!

IMGP7508_R.jpg

空っぽ

冬が来ると香川県の小さい池はほとんど水をぬいてしまいます

この池の底を初めて見た

(*^_^*)ある意味こりゃプレミアだわ

IMGP7418_R_20131125222130ec3.jpg

いいものを見せてもらった。




倍返しだ
IMGP7303_R.jpg

IMGP7310_R.jpg

IMGP7318_R.jpg

雨の猪の鼻峠へ行きましたが

う~んいまいち

IMGP7333_R.jpg

レンズに水滴は付くは体は濡れるはで散々でした

IMGP7386_R.jpg

谷底の駅を写した場所は左のコンクリート部分の上からです

一週間前に胡麻油の瓶が棚から足の親指に落下

親指が内出血して爪がペディキュワ状態

今日親指を見ると親指が二倍ん腫れている

医者へ行くと

「化膿していますね切開しましょう」

「麻酔と化膿止めを注射します」

(@_@;) いててて先生ギブアップです

先生「痛いですかはい次の3ミリ注射」

<`ヘ´> おまえは鬼か

IMGP7325_R_2013112518462652d.jpg

赤ひげ先生は知っているけど

赤鬼先生は知らないぞ

<`ヘ´>「この痛みは倍返しだ」と思いながら

包帯で親指が10倍になり靴が履けずけんけんで車まで行きました

(ToT)/~~~ 今夜は風呂には入れない。



雨が降ると
IMGP6971_R.jpg

明日の天気は☂雨らしい☂

IMGP7127_R_201311242144117cb.jpg

先週写した猪の鼻峠

明日行ったら紅葉しているだろう

このなにげない風景が雨降りだと綺麗に見える

IMGP7131_R.jpg

この谷底の坪尻駅もしっとりと写るであろう

何故 坪の尻なのだ

壺尻ではいけないのか?


この駅で

(゜o゜) ハ ハ ハ ハクション

呼ばれて出てきてボヨヨヨン

なんでごじゃるかご主人さま

ハクション大魔王も

ハクション大地真央も出てきません

IMGP6402_R.jpg

( 一一) 誰も聞く耳もたず

(^O^)/ スルーしてくんなまし

明日写しに行って撮影に成功すれば載せるし

失敗すればスルーする~し。

落とし何処ろで落ちないお年頃
 
皇帝ペンギンの行進 おやじギャグ (ToT)/~~~ スル~。




秋の枯葉
IMGP7018_R_20131124094840ada.jpg

貴女を想う秋はもう深く

(;一_一) 不覚にも落ち焚きをしているのに芋が無い。。

そんな時もある

IMGP7264_R.jpg

過ぎ去れば空しく消えた日々

(;一_一) お芋の無い落ち葉焚きなんて

クリープを入れないコーヒーみたいなものだ

(ToT)/~~~ 空しい

IMGP7257_R.jpg

もう忘れたすべてお芋のことは秋の枯葉の中に捨てた

;;;;;( 一一) うむ まてよ

お芋を枯葉の中に捨てる?

(*^_^*)枯葉に火をつければいいのだ

IMGP6969_R.jpg

(-。-)y-゜゜゜ふう 一件落着

(ーー゛) おいおいそれは山火事になるぞ

<`ヘ´> 火付盗賊改 長谷川平蔵である神妙にお縄につけ

讃岐国の完全紅葉まで後すこし

蝦夷 越後 辺りではお山が白くなっているのに

日本列島は長~い

北海道と西表島が同じ日本国とは思えませんな~

冬は沖縄夏は北海道 春秋は東京 セレブですな~

香川県は温暖だから

セレブ?

(*^_^*)うどん屋はセルフだべ。




冬が近い
IMGP7197_R.jpg

北の町ではもう

悲しみを暖炉で燃やしはじめているらしい

IMGP7153_R.jpg

とは言うけど

徳島県と香川県の里のもみじはまだ完熟紅葉していません

昨年の今頃にはこの滝の周りが真っ赤に染まっていたのに

IMGP7139_R.jpg


この色じゃ

(ToT)/~~~

トマトジュースにもケチャップにもできない

IMGP7206_R.jpg

IMGP7202_R.jpg

観音寺のもみじはまだこの色

冬遠からじ

今。。赤いのはトウガラシ

IMGP7192_R.jpg

いまだ頑張るコスモス




スペシウム光線
IMGP7178_R_20131122095719c7c.jpg

胸につけてるマークは流星

IMGP7165_R.jpg

自慢のジットで敵をうつ

IMGP7170_R_20131122100119f14.jpg

光の国から僕らのために来たぞ我らのウルトラマン

ピ~ポ~ピ~ポ~ 地球滞在時間限界まで後10秒

カップラーメン完成まで後10秒

バルタン星人「ウルトラマンよ地球の平和を守っても君は永遠にカップラーメンは食べれないのだ」

(*^_^*)フェフェフェフェフェ

ウルトラマン「むかつく~」

シュワッチ ビュ~

スペシウム光線

IMGP7184_R.jpg

(;一_一) おいおいトラックを狙ってどうするねん

逆ギレか?

IMGP6909_R.jpg

ウルトラマンなぜに3分しか地球にいられないか

セット破壊予算の都合です





失礼をいたしました
IMGP7149_R.jpg

土曜日に突然ググールページが表示されなくなり

フェイスブック F2ブログ あしたサヌキブログのページが表示されなくなりました

ヤホ~?あっ ヤフーでの検索はできるのですが

ヤフーでグーグルを検索しても☆このページは表示できません☆

困った時の知り合い頼み

一人目アウト二人目アウト三人目グーグルページを出してピッチーャーゴロ

他のパソコンお宅に聞くと最終手段でセキュリテーを解除すれば

IMGP7037_R.jpg

今日来た4人目の人にセキュリティ解除してもらったけど

(@_@;)駄目です

その人あれやこれやとパソコンをいじったけど

(>_<) 駄目みたいですごめんなさい。

4人目 ファール

IMGP7180_R.jpg

その方が帰った後でフェイスブックを検索したら出た

ブログもログインできた

虹色大アーチホームランや。

IMGP7148_R_2013112115075907a.jpg


土曜日からブログを見れなかったのでコメントをいただいた方々

(__) 申し訳ございませんでした






足音
IMGP6980_R.jpg

聞こえるよ聞こえるよ君の足音が

IMGP6977_R_201311161129116df.jpg

待っていないふりをしてずうっと待っていた

IMGP6956_R.jpg

自分の鼓動だけをずうっと聞いていた

IMGP6958_R_20131116114105258.jpg

この静かな旅はもうすぐ終わる

IMGP6955_R_201311161142464bb.jpg

愛をひとつ胸にかかげて行こう

僕らの行く先には何もないから

IMGP6997_R_2013111611453846c.jpg

愛をひとつ胸にかかげて行こう

後につづくみんなの光になるから

IMGP6993_R.jpg

消えそうになっていても僕には何もできないけど

君が君の灯を守る間

ずうっと待っているから

IMGP6967_R_20131116115339390.jpg

愛をひとつ胸にかかげて行こう

後につづく皆の光になるから

IMGP6962_R.jpg

人生をふり返ると

足音は残してきたけど(>_<)(無駄口男)

足跡は残していないな~

人生って山のもみじかな?

新芽に生まれ若葉の時を過ぎ色づいて

人知れず散りゆくだけ

IMGP6998_R.jpg

後は散りて人の記憶から消えゆく

山のもみじは次の年に新芽をだすけど

人のもみじは一度きり

皆さん記憶に残るような写真を写して下さい

(@_@;) えっ わて

わての写真はシマムラ

ワンシーズンで終わり。




渓谷の温泉
IMGP7022_R.jpg

\(◎o◎)/! 山の上に猫神家の一族の別荘が

IMGP7027_R.jpg

三味線で財を成した猫神三平。

悲惨な財産争いが。。。。。。。



思ったら温泉。

IMGP7009_R.jpg

谷底に何やら家のような物がある

秘密基地か?

IMGP7024_R.jpg

サンダーバード2号発進かと思ったら

IMGP7026_R_20131115090816345.jpg

ケーブルカー

IMGP7124_R_20131115090952307.jpg

IMGP7125_R.jpg

谷底の露天風呂だった。

この温泉の少し向うに

IMGP7002_R_20131115091400c06.jpg

小便小僧

この上へ立つとちびるちゅうねん

IMGP7006_R.jpg

そんなに写真を撮られると緊張して僕もちびっちゃうよ?

(;一_一) ちびるのが仕事だろうが。



わき道
IMGP6911_R.jpg

黄色い大きな木を見つけた

(^o^)丿 黄葉だ

わき道を歩いて入って行くと

IMGP6883_R.jpg

谷底へ到着

舗装をしていない林道

車で来ても大丈夫だったみたい

IMGP6884_R.jpg

上を見上げるとおもしろそうな景色がある

とことこ登ること10分

IMGP6898_R.jpg

IMGP6891_R.jpg

IMGP6892_R.jpg

エリカ様綺麗ですか

( 一一) ベ.つ.に

IMGP6886_R.jpg

以上普通の景色でした

紅葉がかなり下りてきました徳島県の渓谷は来週がピークかも



美しすぎると。
IMGP7089_R_201311140905334ad.jpg

南に向いてる窓を開け

一人で見ている海の色

IMGP7109_R_20131114090750780.jpg

美しすぎると怖くなる

若さによく似た

IMGP7098_R.jpg

真昼の蜃気楼

(>_<) どこが

TVで瀬戸内に浮島現象が出ましたと言っていたので

今朝行きましたが

黒い雲が邪魔

IMGP7097_R_201311140920378b5.jpg

観音寺にも紅葉がキタ~と思ったら

この木 一本だけ

残りのもみじは青葉でした

IMGP7096_R.jpg

お遍路さんの朝は早い

次なる札所 本山寺を目指して

とことこ歩いて行きました

朝の凛とした爽やかな空気の中で合掌 (__)


紅葉街道
IMGP6867_R.jpg

全国つつうらうらの皆さまおはようございます

IMGP6870_R.jpg

ウウラウラウラウララ ウララウララウララで

この紅葉街道はわたしのためにある

道はぎりぎり紅葉狙いパッと狙い写し

IMGP6875_R.jpg

竜ヶ岳へと向かう道 半端なく狭くくねくねと曲っていました

知らない道なのでゆっくり走っていると

後ろから快速ジムニーがやって来ました

少し広い所によけて

「お先にどうぞ」

山道楽ありゃ苦もあるさ

後から来たのに追いこされ泣くのが嫌ならさあ進め

(^o^)丿はい黄門様

IMGP6915_R.jpg

紅葉より紅い壁

IMGP6916_R.jpg

この辺りに湧水を取れる所があってその向うが

東洋一の断崖が2キロにわたり続く絶景ポイントらしいけど

ねえじゃん

IMGP6876_R.jpg

何年か後で

猪狩りの漁師が谷底で白い車と白骨体発見と新聞に載ってはいけないので

引き返しました

IMGP6879_R.jpg

昨日湧水を汲みに行っている人とに聞くと

紅い壁の所から15分ぐらい走った所に断崖ポイントがあるって

また来週チャレンジか?

早朝だと猪だの鹿だのカモシカだのが出るらしい

この道を行けばどうなるのか

しかし いくぞ~123ダ~




また今度ね
この橋を渡ればどこへ行けるのか

向こう岸です あたりまえ

IMGP7085_R.jpg

徳島県の大歩危渓谷の紅葉は来週あたりが見頃です

IMGP7069_R_2013111222291108a.jpg

IMGP7082_R.jpg

IMGP7074_R_201311122229586d8.jpg

(>_<) ピントがなんだかな~写真


遠き道
IMGP6966_R_2013111208442608b.jpg

寒くなってきましたです

昨日は紅葉写しの狭き道を走ってきまたしです

松尾川~竜ヶ岳~祖谷渓谷。

朝7時前に家を出て帰宅が5時

狭い道をくねくね\(◎o◎)/!ハンドルを切り損ねると

何年か後にキノコ狩りに来ていたひとが白い車と白骨体を発見

と紙面を飾る事になりそうな道でした

IMGP7061_R_20131112085246f2f.jpg

帰り道はらくらく二車線

写真は逆走します。

IMGP7052_R.jpg

旧祖谷村入口

(;一_一) 先人は何故こんな山奥に住もうと思ったのだろう

摩訶不思議

IMGP7053_R_20131112090147c05.jpg

祖谷もかなり紅葉していましたが見頃までは後少しでした

IMGP7013_R.jpg

祖谷渓谷出口辺りでカメラ女子(推定70才)がこのもみじを写していました

風が強くてぶれぶれ写真になった

IMGP7018_R.jpg

この辺りを境に道が狭くなっています

IMGP7016_R_2013111209145793b.jpg

明日からは 走って行った道順写真です。




運命
IMGP7045_R.jpg

ジャジャジャジャン

IMGP7041_R.jpg

ジャジャンジャン

ジャジャジャア ジャン ジャン ジャン

IMGP7043_R_201311112105346dc.jpg

思い出が解体されてゆく

廃校になったのか

(T_T) 思い出のつまった学校が消えていくのは淋しいね

IMGP7048_R_201311112109117b3.jpg

かなり下の方に新しい中学校ができていました

統合したのだろうか?

IMGP6903_R.jpg

山の奥の谷へと下りて行く道に

IMGP6904_R.jpg

IMGP6907_R.jpg

幸せをいっぱい運んだバスが捨てられていました

何とか結婚式場と書いていました

幸せは捨てたらあかん

\(◎o◎)/!不法投棄やないかい

今日は朝7時から夕方5時まで祖谷の山を徘徊写しをしていたので

(@_@;) 疲れてしまいました

(__) 皆さまへの訪問はできません

あしからず。



耳をすませば
IMGP6743_R.jpg

耳をすませば聞こえてくる

川のせせらぎ

IMGP6744_R.jpg

耳をすませば聞こえてくる

山をわたる風の音

IMGP6719_R.jpg

耳をすませば聞こえてくる

小さい村の小さい秋の歌

♪誰かさんが誰かさんが見つけた小さい秋小さい秋見つけた

IMGP6723_R.jpg

目かくし鬼さん手のなる方へ

誰かさんが誰かさんが見つけた小さい村小さい村見つけた

IMGP6724_R.jpg

昔は子供が家の前の大きい木にのぼって遊んでいたのでしょう

この家の縁側で横になり聞く音楽は優しくここち良いのがいい

お薦めは

IMGP6858_R.jpg

ジョージ.ハリスン

❤ 慈愛の輝き ❤

IMGP6745_R.jpg

徳島県の村は

木頭村 木沢村 木屋平村 一宇村 東祖谷山村 西祖谷村 佐那河内村

今は合併して村として残っているのは佐那河内村だけ

愛媛県東温市も合併する前は

温泉郡 ( 一一) こっちの方がいいな~

IMGP6851_R.jpg

時の流れとともに いいものがどんどん消えて行く

昭和 平成 次は何になるのだ。



冬眠
IMGP3655_R_20131109080538abc.jpg

抱きしめたい 抱きしめたい

抱きしめたい 抱きしめたい

IMGP3839_R.jpg

皮のコートそでも通さず風に吹かれゆくあの人を

色あせた絵のような黄昏がつつみ

ヒールの音だけがコツコツ響く

IMGP4695_R.jpg

秋に枯れ葉が冬に雪花つらく悲しく舞い落ちる

さようなら さようなら

抱きしめたいBy沢田研二

IMGP6842_R.jpg

おめえもそろそろ土の中のお家へ帰って寝ろよ

北の国では雪が降ったらしいぞ

いつまでも地上にいると

IMGP6716_R.jpg

\(◎o◎)/!魔界に引きこまれるぞ~。

(=^・^=) おいらは今日も

IMGP6841_R.jpg

僕は幸せだな~僕は毛布の上にいる時が一番幸せなんだ

僕は一生ここから離れないぞ いいだろ

(;一_一) 勝手にしやがれ

魔界の入口写真 絞り18 露出時間16秒

少しカメラが揺れたらこんなおもしろいブレ写真になりました

二度と写せない。




最初の一滴
IMGP6429_R.jpg

一滴がポットリと地面に落ちて

IMGP6714_R.jpg

一滴が集まり流れとなり

IMGP6740_R.jpg

大地を削り水の道を作り

(この鳴滝2週間後には手前のもみじが色づきます)

(写しに行く予定なので憶えておいて下さい)(__)

IMGP6734_R.jpg

山の間を荒々しく流れ

IMGP6729_R.jpg

岩を削り自然の美彫刻を造り

IMGP6732_R.jpg

里に近づくにつれて緩やかな流れとなり

四国三郎吉野川へと流れ込むのです

吉野川から海へと流れた水は天へと上り

また最初の一滴となるのです

巡る巡るよ水は巡る喜び悲しみ。。。。。。

剣山山頂から貞光川を流れる水の物語でした。

(__)



秘境の湯
IMGP6688_R.jpg

奥祖谷から道をどんどん登って行くと

IMGP6690_R.jpg

IMGP6698_R.jpg

剣山山頂へと向かうリフト乗り場があります

霧で何にも見えない。

ふり返ると

IMGP6697_R.jpg

登って来た道

思えば遠くへ来たものだ故郷離れて。。。。。

この遥か下が祖谷

祖谷温泉 祖谷美人の湯だの温泉がたくさんあります

IMGP6696_R.jpg

このトンネルを抜けると木屋平村

水車温泉があり

反対側へ行くと

岩戸温泉 麻布温泉があります

しかし究極の秘湯の湯は

意外な所に

IMGP6822_R.jpg

家の前にできる雀温泉

IMGP6827_R.jpg

毎年11月になると一回だけ雀が入浴に来ます

昨年も11月に写し一昨年も11月に写し

何故11月なのかはわかりませんが

また来年の11月まで写せない写真

IMGP6829_R.jpg

「いい湯だなさてと雀のお宿へ帰ってど宴会だ」

(^o^)丿また来年おいでやす。



かくれんぼ
IMGP6813_R.jpg

今朝は秋雨の降る香川県です

コスモスの向うに菊の花その向うに葉っぱの散った桜の木

財田川流れる岸で思い出は帰らず

時は流れまた秋がきてあの人はもういないのような朝です

\(◎o◎)/!どんな朝

もういいかい

もういいいよ

IMGP6806_R.jpg

虫君 見っけ

もういいかい

もういいよ

IMGP6763_R.jpg

珍花君 見っけ

(このコスモス次の日に見ると白い花びらが同じ色になっていました)

もういいかい

まだだよ

IMGP6673_R.jpg

もういいかい

もういいよ

IMGP6654_R.jpg

野猿(やえん)君 見っけ

定員3人 自分でロープを引きながら動かします

元は荷物を運ぶ物だったのか?

もういいかい

IMGP6629_R.jpg

三脚はもういいよ

このチビ滝を写すために重い三脚を持っていきました

絞り18 露出時間25秒

(>_<) 別に普通の写真じゃん

(;一_一) この後は邪魔なお荷物の三脚

IMGP6628_R.jpg

さあ助さん挌さん頂上目指してまいりましょうかのう

「ご隠居様飛び猿がいませんが」

「かっかっか猿だけに野猿で遊んでいるのでしょう」

かっかっかっ かっ~ぺ

(>_<) 悪を懲らしめ道を汚す水戸黄門ちゃま。

二重橋を後にして剣山山頂へと続く阿波の坂道を行く一行でした

ナレーション 苦坂こうじ。








ジャマネット
IMGP6627_R.jpg

(^o^)丿「テレビをご覧の皆さんこんにちはジャマネットタカダの高田です」

( 一一) いつもかん高い声でハイテンション

(^o^)丿「今日お薦めする商品はこちら」

IMGP6671_R.jpg

☆ 橋の端を渡る美人 ☆

(^o^)丿「この絵画はあの美の巨匠クロードモネの親戚クロードチェアリー作です」

(;一_一) ギターも弾けば絵も描くのか

(^o^)丿 今ご注文いただくと先着500名に

IMGP6675_R.jpg

(^o^)丿「薔薇が咲いたの巨匠の御子息マキ.クロード作」

☆ 振り向けば橋がいた ☆

「小田ゆ~じこ~じさんの鑑定書付き」

さらに

世界の名画

IMGP6639_R.jpg

☆ 落ち葉写し☆

さらに

( 一一) 皿に皿にって回転寿司か

「この清流の水で作った☆祖谷美人もへちま水もねえ化粧水☆をお付けします」

(^o^)丿「皆さんこの化粧水をつけるとお肌も心も紅葉のように鮮やかになります」

注 この製品には個人差があり個人的意見です

(;一_一)TVのCMを見ていると小さい字で端っこの方に書いている

\(◎o◎)/!もっと大きく書かんかい

(^o^)丿「さ~皆さん締切がせまっています急いでお電話下さい」

締め切りは11月末日(-"-)来年の。

IMGP6647_R.jpg

おふれの板☆この橋を渡るべからず☆

おさよちゃん「一休さんどうするのよ」

一休「慌てない慌てないひと休みひと休み」

ポクポクポクポク ち~ん

(@_@;)おだぶつ

人は考え悩み過ぎるとストレスで脳梗塞になるのです

やり直し

ポクポクポク ち~ん

一休「おさよちゃん橋の真ん中を渡ろう」

おさよちゃん「何故?」

一休「橋の端を渡らなかったらいいんだ」

おさよちゃん「さすが一休さん」

IMGP6667_R.jpg

子供の浅知恵 この橋の真ん中を渡るとバランスを崩して谷底へドボン

人が多く通るとかなり揺れるので皆さん橋にしがみついて渡っていました

奥祖谷シり-ズ終了

スタッフ( 一一)「あの~まだ野猿っていゆうのが残っています」

(;一_一)ふう~また明日にしょう。

クロードチェアリー マイクまきの息子クロドまきを知っている人は

半世紀を生きぬいた仙人です




時に愛は
IMGP6784_R.jpg

始まりはいつも愛 それが気まぐれでも

IMGP6783_R.jpg

ただ青くきらめいて 嘘のかけらもなく

IMGP6793_R.jpg

時に愛は力つきて くずれ落ちていくように見えて

IMGP6791_R.jpg

愛はやがて二人を優しく抱いてゆく

IMGP6780_R.jpg

露の朝 薔薇の新しい葉だけにつく水玉雫

先のトゲトゲがないと駄目みたいです

柊ではトゲトゲ過ぎて無理

皆も心のトゲトゲを雫でつつむと周りの人を癒せるぞよ

(^o^)丿よっ 朝から言い事言うね~よっ大統領

(^^ゞ いや~てれますな~。

オバマ(おばさん)じゃないので

オジ~マ(おじいさん)と呼んでくれ

サービスに紅葉を一枚

IMGP6627_R.jpg

(;一_一) う~ん まだまだ紅葉在庫が残っている

賞味期限が切れる前に無理売りしなくては。




秋色吐息
IMGP6624_R.jpg

徳島県三好市東祖谷村 奥祖谷の二重かずら橋

讃岐志度の合戦に敗れた平家一族が馬場での訓練に通うために架けた

吊り橋と言い伝えられてているらしいです

男橋(おはし)女橋(めはし)と大小二つの橋があり

夫婦橋と呼ばれているそうです

☆ 上の写真は男橋 ☆

IMGP6637_R.jpg

☆ 女橋 ☆

IMGP6633_R.jpg

輝いて輝いて秋色吐息

あなたに抱かれて木漏れる秋になる

IMGP6661_R.jpg

金色 銀色 秋色吐息

IMGP6650_R.jpg

綺麗と言われる時は短すぎて

IMGP6645_R.jpg

標高1000mまで行って紅葉を写せて

(●^o^●)満足



Copyright © 2017 四国の四季の詩(讃岐). all rights reserved.